経営者、親方の労災特別加入

労災保険の特別加入制度とは…
労災保険は、本来、労働者の業務上または通勤途中の災害による負傷、疾病、障害または死亡に対して必要な保険給付を行う制度ですが、労働者以外の方でも、その業務の実情、災害の発生状況などからみて、特に労働者に準じて保護することが適当であると認められる一定の方に対して特別に任意加入を認める制度です。

この特別加入制度には4種類がありますが、主に当オフィスでは中小事業主等、一人親方その他の自営業者の一部を取り扱っています。

  • 中小事業主等
  • 一人親方その他の自営業者
  • 海外派遣者
  • 特定作業従事者

中小事業主等

中小企業と認められる規模
業種 常時労働者数
金融業・保険業・不動産業・小売業 50人以下
卸売業・サービス業 100人以下
上記以外の業種 300人以下
対象者
  • 法人、個人の代表者(事業主)
  • 代表者(事業主)以外の役員
  • 代表者(事業主)の家族従事者

一人親方

対象者
  • 建設の事業行う方(大工、左官、とびの方など)
  • 自動車を使用して行う旅客又は貨物の運送の事業を行う方
    (個人タクシー業者や個人運送業者など)
年間の保険料(4月〜翌年3月)は、業種や希望する日額、加入月によって異なります。

詳しい資料や説明をご希望の方は、お気軽にご相談ください。