人事労務に関する相談

人事労務管理とは、企業の経営資源のヒト(労働力)・モノ(生産手段…設備や原材料など)・カネ(資本)の3要素のうち、ヒト(労働力)を対象とする管理活動です。ここでの「管理」とは、自ら意思を持ち活動する人間を、企業目的の達成のために制御・統制することです。カール・マルクスは著書『資本論』で言及するように、資本主義社会においては、財やサービスのみならず労働力(労働力の使用権)も商品として売買されています。しかし、労働力はその販売者である労働者と不可分である点、購入した労働力は労働者の意志を通じて行使され、必ずしも購入者(企業側)の自由にならないという点が他の一般的な商品とは大きく異なる特徴を持ちます。そこで、企業を円滑に運営するために、また労働力を効率的に利用する(労働者の能力を最大限に引き出す)ために、適切な人事労務管理が必要となるのです。

人事管理

雇用管理
採用、配置、職務分析、人事考課など。良質な労働力の確保や適材適所の配置を目指します。
作業管理
時間研究・動作研究、職務再設計など。
時間管理
労働時間制度(変形労働時間制など)や休業・休暇のシステムの構築など。
賃金管理
職能給、出来高給、年俸制、退職金、各種手当など、賃金制度に関する管理。
安全・衛生管理
労働災害や従業員のモチベーション低下を防止することを目的として、職場の労働環境の改善や、従業員の健康管理を図ります。日本においては、労働安全衛生法にて、事業者に衛生管理の実施を義務付けています。

労使関係管理

労働組合対策
団体交渉、労働協約など。労使協調体制を目指します。
従業員対策
福利厚生、苦情処理制度など。従業員個々人の不満を取り除きます。
詳しい資料や説明をご希望の方は、お気軽にご相談ください。